高齢者向けアパート経営☆入門ガイド

トップページ > 高齢者向けアパート経営について > 高齢者が安心して暮らせるような高齢者向けアパート経営とは

高齢者が安心して暮らせるような高齢者向けアパート経営とは

日本は、歴史上未だかつて見たことのないような少子高齢化を体験しています。
問題は少子高齢化の状態が今後も末永く続きそうな気配であるということです。
このような少子高齢化の状態を反映してか、高齢者向けのアパートのニーズが増大してきています。
いったいどのような理由で高齢者向けのアパートのニーズが増大してきているのでしょうか。
それには理由があります。
高齢者は都会的センスにあふれた普通の家では暮らしにくいのです。
そこで考えられたのが、高齢者に特化した、高齢者が暮らしやすい配慮をした設備を持つ住宅です。
こんなわけで高齢者向けのアパートの需要が、最近になって激増しているということになります。
今後もこのような傾向はしばらくの間続く見込みです。
先見の明のある不動産屋業界などでは、戦略を変えて、ターゲットを高齢者に絞って営業活動をするようなところも増えてきています。


高齢者向けアパート経営をするとして、どのような点に注意すれば、安心して着実に利益を上げられるのでしょうか。
この点について考察をしてみましょう。
まず日本では相変わらず持家至上主義の人たちが多いです。
ですがその傾向が徐々に変わろうとしています。
無理して持ち家をするよりも、 高齢者が安心して暮らせるような、さまざまな設備や機能がついているアパートや住宅が人気の中心となってきています。
それは、もちろん、持ち家でも結構ですが、例えばシェアハウスのような集合住宅を選択するという手段が考えられます。
このような理由で何らかの高齢者向けのサービスがついている住宅は、近年大きな人気商品となっています。
バリアフリーの構造や高齢者向けの転倒防止の手すりなどの設備が高齢者の心をとらえたということではないでしょうか。


高齢者向けアパートは、高齢者専用賃貸住宅と呼ばれていました。
少子高齢化がますます進むにつれて、高齢者専用賃貸住宅の需要が急激に増大してきたのです。
高齢者が安心して暮らすことのできる高齢者向けアパートのメリットはとても大きいですが、反面デメリットも存在いたします。
どんなデメリットがあるのでしょうか。
一つには高齢者向けアパートの保証金や家賃が高いという点です。
ですがこの点については高齢者はお金持ちです。
案外心配することはないのではないでしょうか。
二つ目には連帯保証人が必要であるということですが、この点については、普通のアパートを借りる時も同じなので、デメリットと称することはできないかもしれません。
高齢者向けアパートを借りる時の注意点があります。
例えば高齢者は車を運転しなくなりますので、 駐車場の施設などは必要なくなるでしょう。
それよりも大切なのは、アパートのエントランスを広くして、段差のないバリアフリーにして、車椅子などでも安心して乗り入れができるようにすることではないでしょうか。

▲ ページトップへ