高齢者向けアパート経営☆入門ガイド

トップページ > 高齢者向けアパート経営について > 高齢者向けアパート経営をするときに大切なこと

高齢者向けアパート経営をするときに大切なこと

少子高齢化を反映して、最近は、数多くの不動産屋さん達も、高齢者住宅の経営を始めるところが多いです。
高齢者向けアパート経営をするときに、大切な基礎知識があります。
これは高齢者向けのアパートを経営する人たちが、前もって知っておかなければならない大切な知識です。
日本では、高齢者住宅を建築する場合には、国から補助金がおります。
そのための必要な条件として、住居部分の床面積が25平米以上という条件を満たさなければなりません。
これが第一のポイントです。
例えば平屋のアパートを計画するとして、最低でも200坪程度の広さがある土地が必要となります。
高齢者住宅を建設する際には、交通の便などのような立地条件はあまり重視する必要はありません。
それよりも大切なのは、地域に豊かな自然が残されており、大気がまだ汚染されてないような場所を選ぶことが大切なのです。


高齢者向けアパートの建設は2階建てや3階建ての構造のところが多いです。
アパートの建築構造で圧倒的に多いのが木造構造です。
中でも代表的なのはモダンな木造モルタル構造ではないでしょうか。
高齢者住宅の施工方法は、施工を担当する建設会社により様々ですが、高齢者住宅としての認可を受けたり、さらに補助金を受けたりするためには、必要な要件を満たさなければなりません。
一体どのような条件を満たせば補助金を受けることができるのでしょうか。
まず建物が消防法やバリアフリー法などによる規制に適合するような構造の建物でなければなりません。
ですからそれらの建築技術に対して卓越した技術を持つ建設会社を選択する必要があります。
そんな技術で評判の良い建設会社を選択すれば、それで一安心です。


高齢者向けアパート経営をする上で、特に知っておかなければならない大切なポイントがあります。
当たり前ですが、高齢者向けアパートといえども家賃を徴収します。
その家賃の金額について、補助金を出した国の縛りがあるとすればどうでしょうか。
国の補助金を使って高齢者住宅を建設する場合には、 近隣にある同じような条件の賃貸物件の家賃相場の80%から90%までしか、家賃として受け取ることができないと言う厳しい条件が付いているからです。
高齢者は一般にお金持ちですが、住宅建設で補助金を受けたために、その家賃を決めるのに制限があるとなれば、経営はちょっと難しくなるのかもしれません。
その点が最も注意すべき点です。
それを解消するためには、やはり薄利多売という原理を利用するがよいのです。
国の補助金を使って高齢者住宅を建設する際に、できるだけ高齢者が入居できる部屋の数を増やすという手段が、最適な解決方法となり得ます。

▲ ページトップへ